今月の目次に戻る


(一財)土木研究センター/お知らせのページ(2017年2月 新着情報)

  


 今月の目次

●読者の声を募集

月刊 土木技術資料「読者の声を募集」

●購読の案内

月刊 土木技術資料

●「耐候性大型土のう」に関する性能証明

性能証明を更新した製品の紹介

●新刊行物の紹介

「箱型擁壁」工法 設計・施工マニュアル

鉄鋼スラグ路盤設計施工指針

「ラブルネット積層工法」設計・施工マニュアル
盛土の性能評価と強化・補強の実務

●刊行物一覧

土木研究センター刊行物一覧

●刊行物の斡旋

鹿島出版会・大成出版社刊行物

●コピーサービスの紹介

研究報告等のコピーサービス

●土木技術資料2月号目次

土木技術資料目次 平成29年2月号

 読者の声を募集

 読者の声を募集致します。ふるってご投稿をお願いします。

 また、取り上げて欲しい特集、連載講座、土木用語、論説や報文の内容に関する質問、現場で困っている点、さらに、「土木技術資料」の改革についてのご意見や要望などをホームページまたはメールでお送り下さい。

URL:http://www.pwrc.or.jp/dokusya_koe.html E-mail:dokusha@pwrc.or.jp

投稿する

 購読の案内

 月刊 土木技術資料の購読のご案内をいたします。

 

  <購 読 料> 土木技術資料 1冊¥1,080(税・送料共込) 年間購読料¥12,960(税・送料共込)

 

月刊 土木技術資料購読申込書

(いずれかに✓を付けて下さい)

□ 団体購読   □ 個人購読

(いずれかに✓を付けて下さい) 

□ 年間購読   平成   年   月より   部

□ 特定号のみ  平成   年   月号    部





ご住所

 

お名前または会社名

 

所属部署(会社の場合)

 

担当者名(会社の場合)

 

TEL

 

FAX

 

E-mail

 

  ※ 購読料の請求宛先がお届け先と異る場合は、請求宛先を下欄にご記入ください。

請求宛先

 

ご購読中の方でお申し込み内容に変更が生じた方も、ご連絡ください。

月刊 土木技術資料のお問い合 わせ・お申し込み先

一般財団法人 土木研究センター技術研究所 庶務・広報部 池田 敦子
〒300-2624 茨城県つくば市西沢2−2
TEL:029-864-2521 FAX:029-864-2515  E−mail:mail@pwrc.or.jp

 

購読のお申し込みは、FAXまたはE-mailでお願いします。
また、こちらからも直接申し込みできます。
なお、代金は原則前払いとなっておりますが、後払いも可能です。

 

 「耐候性大型土のう」に関する性能証明


性能証明を取得した製品の紹介


耐候性大型土のう ダイパック DD17Y3new

 依 頼 者

株式会社大清

 証 明 番 号

耐土性証第1603号

 耐 久 仕 様 長期仮設(3年)対応

 更新年月日

平成28年10月28日

 連 絡 先

株式会社大清
〒509-3107 岐阜県下呂市小坂町無数原480‐1
TEL:0576-62-2226 FAX:0576-62-3623


耐候性大型土のうについてのお問い合わせ先
一般財団法人土木研究センター 技術研究所 地盤・施工研究部 土橋聖賢
〒300-2624 茨城県つくば市西沢2-2
TEL:029-864-2521 FAX:029-864-2515 
E-mail:kenkyu3@pwrc.or.jp

 性能試験の案内


平成29年度 路面性状自動測定装置の性能確認試験の実施についてnew


1. 申 請 期 間 平成29年2月1日(水)〜2月28日(火)必着
2. 提 出 書 類 ①性能確認試験依頼書(様式-1) ②自動測定装置の写真(各測定装置の設置状況が把握出来るような全体写真、及び試験項目毎の測定装置の写真) ③自動測定装置の概要(全体構造図及び試験項目毎の測定概要(測定方式名称、測定原理、測定機器仕様・諸元など)) ④自動車検査証
なお、「自動測定装置の写真及び概要」は、電子ファイルも提出して下さい(E-mail可)。
※性能確認試験依頼書は当センターの下記ホームページに掲載中
http://www.pwrc.or.jp/romensiken.html
3. 試 験 予 定 日 平成29年5月23日(火)〜24日(水) 雨天順延
4. 試 験 場 所 茨城県つくば市内またはつくば市周辺
5. 試 験 項 目 ①距離精度測定性能 ②ひび割れ測定性能 ③わだち掘れ測定性能 ④平たん性測定性能
6. 認 定 範 囲
①距離精度測定性能 光学測量機による距離の測定値に対し、±0.3%以内の精度であること。
②ひび割れ測定性能 幅1mm以上のひび割れが識別可能な精度であること。
③わだち掘れ測定性能 横断プロフィルメータによるわだち掘れ深さの測定値に対し、±3mm以内の精度であること。
④平たん性測定性能 縦断プロフィルメータによる標準偏差の測定値に対し、±30%以内の精度であること。
7. 受 験 資 格
測定状態において、道路運送車両の保安基準に適合している装置であること。
路面性状自動測定に適する装置と認められること。
性能確認試験に関する測定、データ解析等は、試験の依頼者が実施すること。
8. 性 能 の 認 定 性能確認試験に合格した装置については、当センターより性能確認証書を交付します。 性能確認証書の交付は、平成29年8月下旬を予定しております。
9. 申 請 方 法 申請期間に提出書類を下記の提出先まで送付して下さい。
10. 試験依頼承諾 提出書類内容確認後、性能確認試験依頼承諾書により試験の依頼者に通知します。
11. 試 験 費 用
①昼 間 試 験:432,000円(性能確認項目数に関係なく一律)
②夜 間 試 験:432,000円(性能確認項目数に関係なく一律)
③昼夜間試験:864,000円(性能確認項目数に関係なく一律)
試験の依頼者は性能確認試験依頼承諾書の受領後、速やかに試験費用の納入をお願い致します。
12. 平成29年度路面性状自動測定装置の性能確認試験に関する依頼書提出及び問い合わせ先
  一般財団法人土木研究センター技術研究所 道路研究部 担当:安藤、倉持
〒300-2624 茨城県つくば市西沢2-2
TEL:029-864-2521  FAX:029-864-2515  e-mail:kenkyu2@pwrc.or.jp
13. そ    の    他 提出書類に不明な点がある場合は、ヒアリングを実施することがあります。

 新刊行物の紹介


「箱型擁壁」工法 設計・施工マニュアル

 

 「箱型擁壁」は、箱型形状をしたプレキャストコンクリート製枠材と単粒度砕石やコンクリート用砕石、割ぐり石等を用いた充填材から構成される可とう性を有するもたれ式擁壁です。平成16年3月に建設技術審査証明書(建技審証(第0327号)を取得し、急峻地形を通る山間道路の拡幅、路肩決壊による道路災害の復旧並びに大規模掘削が困難な地形など、切土部での擁壁の構築などに適し、多くの実績を有し、広く活用されています。
 今般、当センターでは、当該工法の計画、調査、設計、施工及び維持管理の基本的な考え方や技術的な事項を示した、「「箱型擁壁」工法 設計・施工マニュアル」を新たに発刊いたします。
 本マニュアルは、性能規定型設計の導入に向けた基本的な考え方の記載や、道路土工−擁壁工指針(日本道路協会)に沿った設計・施工の考え方を取り入れるとともに、地震や豪雨等の被災事例を踏まえ防災性の向上を図るため、排水工や基礎工、施工管理や維持補修に係わる内容を示しています。

 

監   修 :

「箱型擁壁」設計・施工マニュアル編集委員会

 

発   行 :

一般財団法人 土木研究センター

 

本体価格 :

2,500円(税抜)


 

第1章 総 説

1.1

適用の範囲

1.2

用語の定義

1.3

箱型擁壁の概要

  1.4 箱型擁壁の適用に当たっての留意点
     

第2章 計画・調査

2.1

計画

2.2

調査

 

第3章 設計に関する一般事項

3.1

基本方針

3.2

設計に用いる荷重

  3.3 土の設計諸定数、許容応力度及び安全率
  3.4 箱型擁壁の使用材料
 

第4章 設 計

4.1

箱型擁壁の設計の基本

4.2

設計荷重

4.3

箱型擁壁の部材の検討

4.4

箱型擁壁における擁壁自体の安定性の照査

  4.5 箱型擁壁及び基礎地盤を含む全体の安定性の検討
  4.6 基礎の検討
  4.7 排水工
  4.8 構造細目

第5章 施 工

5.1

施工一般

5.2

基礎工

5.3

使用材料の搬入及び保管

  5.4 据 付
  5.5 排 水
  5.6 寒冷地・寒冷期の施工
  5.7 付属施設工
  5.8 出来高管理
  5.9 安全衛生管理
 

第6章 維持管理

6.1

基本方針

6.2

記録の保存

  6.3 点検・保守
  6.4 補修・補強対策
 

技術資料

1

箱型擁壁の耐震性に関する検討

2

箱型擁壁の耐震性能の評価

3

設計計算例


 新刊行物の紹介


鉄鋼スラグ路盤設計施工指針

 

 道路の路盤に使用する鉄鋼スラグに関する指針類としては、これまで「製鋼スラグ路盤設計施工指針」(昭和60年,鐵鋼スラグ協会)及び「高炉スラグ路盤設計施工指針」(昭和57年,鐵鋼スラグ協会)が用いられてきましたが、これら指針類は発刊後年数が経過し、現在の鉄鋼スラグ製造技術や品質管理の適正化に対応するものとはなっていませんでした。これらの状況を踏まえ、これらの指針類を統合した新たな指針として、本指針が作成されました。
 本指針では、独立行政法人土木研究所(現 国立研究開発法人土木研究所)と鐵鋼スラグ協会による3か年間(平成22〜24年度)の共同研究の成果が取り入れられ、またJIS A 5015に準拠した環境安全品質が加筆されるなど、最新の知見を反映したものとなっています。

 

監   修 :

鉄鋼スラグ路盤設計施工指針作成委員会

 

発   行 :

一般財団法人 土木研究センター

 

本体価格 :

3,000円(税抜)


 

第1章 総 則

1-1

本指針の位置付け

1-2

制定の経緯

1-3

本指針の活用のために

  1-3-1  適用上の留意点
  1-3-2  関連図書
     

第2章 材 料

2-1

概説

2-2

路盤用鉄鋼スラグの種類

2-3

路盤用鉄鋼スラグの品質

2-3-1

 一般事項

2-3-2

 物理的・化学的性質

2-3-3

 粒度

2-3-4

 環境安全品質

 

第3章 設 計

3-1

概説

3-2

設計条件の設定

  3-3 路盤の設計
  3-3-1  経験にもとづく設計方法
  3-3-2  理論的設計方法
 

第4章 施 工

4-1

概説

4-2

材料の搬入

4-3

路盤の施工

4-3-1

 施工基盤の整備

  4-3-2  材料の敷きならし
  4-3-3  締固め

第5章 施工管理・検査

5-1

概説

5-2

施工管理・検査の位置付け

5-3

施工管理

  5-3-1  基準試験
  5-3-2  出来形管理
  5-3-3  品質管理
  5-4 検査
  5-4-1  出来形の合格判定値の例
  5-4-2  品質の合格判定値の例
  5-5 工事結果の記録・保存
 
付 録

付録-1

 水浸膨脹比の規格値の検討

付録-2

 鉄鋼スラグの生成と組成

  付録-3  鉄鋼スラグの用途と路盤用鉄鋼スラグの製造
  付録-4  路盤用鉄鋼スラグの環境安全性
  付録-5  路盤用鉄鋼スラグのアルカリ特性
  付録-6  鉄鋼スラグのエージング

付録-7

 品質実態

付録-8

 HMSの強度

付録-9

 試験方法

付録-10

 JIS A 5015 道路用鉄鋼スラグ(抜粋)

付録-11

 用語の説明


 新刊行物の紹介


「ラブルネット積層工法」設計・施工マニュアル

 

 「ラブルネット積層工法」は、河川護岸等に広く用いられてきた「袋型根固め工法用袋材」に、割栗石等を中詰めした「袋体」=「ラブルネット(rubble:割石 net:網)」を、仮設の土留め構造物、路体構造物に利用する工法です。
 安定した合成繊維を使用した網状の「袋材」と割栗石等の中詰め材を組み合わせた「ラブルネット」は、土木資材としての施工性、資材としての耐久性、再利用(転用)性、経済性に優れることから、仮設道路の基盤工、工事用堰堤など仮設構造物への適用例が増加しています。
 本マニュアルは、仮設構造物の資材としての「ラブルネット」および「ラブルネット積層体」の性能を規定するとともに、計画・調査、設計および施工の基本的な考え方および一般的な技術的事項などをとりまとめたものであり、「ラブルネット積層工法」の普及・発展に寄与するものと期待しております。

 


 

   集 :

ラブルネット積層工法マニュアル検討委員会

 

本体価格 :

1,900円(税抜)


 主な内容

第1章

 

総説(目的、適用範囲、定義)

第2章

 

ラブルネット積層体の性能(構成材料・ラブルネット・ラブルネット積層体に要求される性能、 品質管理)

第3章

 

計画・調査

第4章

 

設計(荷重、安全率・許容値、安定性、構造細目)

第5章

 

施工

    rubblenet
 

 新刊行物の紹介


盛土の性能評価と強化・補強の実務

 

 近年、特に中山間部における道路盛土の地震被害が顕在化してきています、橋梁と同様に道路ネットワークを構成する道路盛土においても、その重要度や被災時の影響度に応じた耐震設計、耐震補強あるいは管理・運用、言い換えれば、道路盛土の耐震性の確保が必要となります。
 このような背景の下、盛土の安定性向上のための技術の普及を目的とした「盛土の性能向上技術普及研究会」を設置し、その活動の一環として、主として盛土の耐震性能に着目して、危険度評価から、性能の評価基準、性能の予測法および強化・補強技術に至るまで、盛土の耐震性能の向上に必要な技術の体系化を図り、実務に活かすことを目的として本書を取りまとめました。
 本書で取り扱う内容は、地震に限定されるものではなく、降雨に対する安定性の向上にも反映できるとともに、道路盛土に限定されるものではなく、宅地盛土、鉄道盛土などの類似の盛土構造の補強・強化にも反映できるものであります。

 

編   集 :

一般財団法人災害科学研究所 盛土の性能向上技術普及研究会

 

本体価格 :

3,000円(税抜)


 
  第1章

 盛土の被害から学ぶ

  第2章

 盛土の性能評価と評価基準

  第3章

 盛土のための地震動の予測

  第4章

 道路盛土の地震危険度マクロ評価

  第5章  盛土の安定性の評価と変形の予測
  第6章  経年による盛土の状態と安定性の変化
  第7章  盛土の強化・補強の技術と性能向上の効果


 刊行物一覧


土木研究センター刊行物一覧


刊 行 物 名
発行年月
判型
 頁 
本体価格
送料
注文
一般
賛助会員
「箱型擁壁」工法 設計・施工マニュアル
H28.7
A4
109
2,500
2,250
鉄鋼スラグ路盤設計施工指針
H27.3
A4
110
3,000
2,700
「ラブルネット積層工法」設計・施工マニュアル
H27.1
A4
114
1,900
1,710
アデムウォール(補強土壁)工法 設計・施工マニュアル
H26.12
A5
330
4,300
3,870
盛土の性能評価と強化・補強の実務
H26.10
A4
228
3.000
2,700
補強土(テールアルメ)壁工法 設計・施工マニュアル(第4回改訂版)
H26.8
A5
477
5.000
4.500
多数アンカー式補強土壁工法設計・施工マニュアル 第4版
H26.8
A5
397
4.800
4,320
「海岸侵食の実態と解決策」宇多高明著 CD-ROM版
H26.6
-
304
3,500
3,150
ジオテキスタイルを用いた補強土の設計・施工マニュアル(第二回改訂版)
H25.12
A5
457
5,500
4,950
建設発生土利用技術マニュアル(第4版)
H25.12
A5
204
2,000
1,800
「耐候性大型土のう積層工法」設計・施工マニュアル
H24.3
A4
120
1,714
1,543
のり面表層保護工「GTフレーム工法®」設計・施工マニュアル
H24.2
A4
122
2,381
2,143
わが国の免震橋事例集 (特別価格)
H23.12
A4
247
925 
  832
道路橋の免震・制震設計法マニュアル(案) (特別価格)
H23.12
A4
288
1,234
1,110
全素線塗装型PC鋼より線を使用したPC構造物の設計・施工ガイドライン
H22.3
A4
162
3,000
2,700
実務者のための護岸・根固めブロックの選定の手引き(案)
H22.6
B5
138
4,286
3,857
ジオテキスタイルを用いた軟弱路床上舗装の設計・施工マニュアル
−路床/路盤分離材としての利用− (
特別価格)
H21.11
A4
122
1,500
1,350
建設工事で遭遇する廃棄物混じり土対応マニュアル
H21.10
B5
113
4,000
3,600
法面保護用連続繊維補強土「ジオファイバー工法」 設計・施工マニュアル
H21.4
A4
126
2,381
2,143
現場発泡ウレタン超軽量盛土工法 設計・施工マニュアル
H20.4
A4
139
2,381
2,143
橋の動的耐震設計法マニュアル−動的解析および耐震設計の基礎と応用−
H18.5
A4
270
1,905
1,715
山留め式擁壁「親杭パネル壁」設計・施工マニュアル
H18.3
A4
105
2,381
2,143
実務者のための養浜マニュアル
H17.10
A5
170
2,381
2,143
落橋防止構造設計ガイドライン(案)
H17.7
A4
73
3,810
3,429
土木コンクリート構造物の剥落防止用赤外線サーモグラフィによる変状調査マニュアル
H17.3
A4
108
4,285
3,857
グラウンドアンカー受圧板設計・試験マニュアル
H16.12
A4
83
3,000
2,700
陸上工事における深層混合処理工法設計・施工マニュアル改訂版
H16.3
A5
334
4,500
4,050
超早強コンクリート利用技術マニュアル
H12.9
A5
80
3,000
2,700
発生土利用促進のための改良工法マニュアル
H9.12
A4
177
4,000
3,600
コンクリ−トの耐久性向上技術の開発
H1. 5
A4
438
7,619
6,857

 刊行物の斡旋


鹿島出版会・大成出版社刊行物


刊行物名
発行年月
判型
 頁 
本体価格
送料
注文
一般
賛助会員
建設工事で発生する自然由来重金属等含有土対応ハンドブック
H27.3
A4
101
2,000
1,800
建設工事で遭遇する地盤汚染対応マニュアル[改訂版]
H24.4
B5
160
2,400
2,160
建設工事で遭遇するダイオキシン類汚染土壌対応マニュアル[暫定版]
H17.12
B5
128
2,200
1,980
土壌のダイオキシン類簡易測定法マニュアル
H18.4
A4
83
1,900
1,710

刊行物のお問い合わせ・お申し込み先

一般財団法人 土木研究センター 技術研究所 庶務・広報部 中島冨美子

 

〒300-2624 茨城県つくば市西沢2-2
TEL:029-864-2521 FAX:029-864-2515 E-mail:mail@pwrc.or.jp

 

購入のお申し込みは、FAXまたはE-mailでお願いします。
また、こちらからも直接申し込みできます。
なお、代金は送付する図書等に同封します請求書にてお支払い下さい。


 

 コピーサービスの紹介


研究報告等のコピーサービス

 

 当センターが行った共同研究報告書、各種技術マニュアル、また土木に関する研究機関の報告書等について、当センターでもコピーサービスを行っています。ご希望の方はFAXまたはE-mailでご注文下さい。
 

 研究報告等の文献リストは、下記の文献リストをクリックしていただくとご覧になれます。

  

文献リスト(2016年4月1日現在 Excelファイル:2.2MB)

 なお、審査証明報告書につきましては、審査証明依頼者の意向によりコピーサービスできない場合があります。

コピーサービスのお問い合わせ・お 申し込み先

一般財団法人 土木研究センター 技術研究所 庶務・広報部 田口美知代

 

〒300-2624 茨城県つくば市西沢2-2
TEL:029-864-2521 FAX:029-864-2515 E-mail:mail@pwrc.or.jp

 

購入のお申し込みは、FAXまたはE-mailでお願いします。
また、こちらからも直接申し込みできます。
なお、代金は送付する図書等に同封します請求書にてお支払い下さい。


 土木技術資料目次


土木技術資料目次 平成29年2月号
特 集:新たな地質・地盤分野の研究開発

特集担当編集委員 小橋秀俊

区分
題  名
著者名
巻頭言 観測施工が原則 太田秀樹
5
論説

地質・地盤分野に関する研究活動の新たな方向性
〜建設生産工程の流れから眺めてみると〜

小橋秀俊
6
 
特集報文

飽和砂質地盤の原位置パイピング試験

日外勝仁・品川俊介・佐々木靖人
8
稠密物理探査技術による浅部地盤構造の把握と3次元可視化技術 稲崎富士・青池邦夫
14
性能規定に対応した盛土の締固め管理 佐々木哲也・石原雅規・梶取真一
20
大型締固め機械の転圧による土の締固め特性の検証 藤田智弘・宮武裕昭
26
大規模な土砂災害に対応した新しい災害復旧技術の実大実験 宮武裕昭・澤松俊寿・井上玄己
32
現地レポート 津軽ダムにおける地盤対策 加藤 孝・遠藤俊彦
38
巨勢川調整池(佐賀導水事業)と東名遺跡の保存対策 河野清和・井上晃司
42
一般報文 高強度鉄筋を用いた道路橋RC橋脚の性能評価手法の一考察 正木 守・玉越隆史・白戸真大・星隈順一
46
 
ワールド FEHRL調査団が国総研・土研を訪問
50
第8回過酷環境下のコンクリートに関する国際会議に参加して
51
第23回ITS世界会議メルボルン2016に参加して
52
研究コラム 都市のグリーンインフラを活用した防災・減災に係る政策・研究の動向
54
新しい技術情報・
基準・指針
防護柵の設置基準・同解説の改定 〜生活道路用柵等の解説追加〜
56
情報コーナー 
58
土研センター 機械式鉄筋継手の性能証明 大田孝二・平林克己・中野正則
60
報文抄録
2
編集後記/次回報文予告
64
お知らせのページ
66
今月の表紙 平成11年当時の一般国道4号十和田バイパスの工事において、切土とその建設発生土を前後の 盛土区間の盛土材にするため、改良しようとしている現場の状況である。このような工事の記 録は後々の維持管理上、大切な情報となる。

月刊「土木技術資料」バックナンバーへ
 
土木技術資料購読申込みページへ
 
広告掲載の申込みへ

土木技術資料の抄録の<バックナンバー>をキーワード検索できます。

過去のお知らせ

トップページへ戻る