(一財)土木研究センター/道路土工構造物点検及び防災点検の効率化技術


 

「道路土工構造物点検及び防災点検の効率化技術」の要求性能に対する技術公募について
〜新技術の導入促進〜
(技術公募は締め切りました)

 

 

 一般財団法人土木研究センターでは、「令和2年度 新技術導入促進計画」の1テーマである「道路土工構造物点検及び防災点検の効率化技術」の技術公募を、令和3年7月6日から令和3年8月10日まで行います。
   
 
道路土工構造物点検及び防災点検は、「道路土工構造物点検要領」や「道路における災害危険箇所の再確認に関する実施要領」等により行われており、近接目視による点検が主体ですが、点検者の能力等が調査結果に及ぼす影響が大きい(人的誤差が生じやすい)、点検に要する時間と労力が掛かる、急傾斜地の調査など危険作業を伴う場合がある等の課題もあります。
この様な背景から、道路土工構造物や自然斜面に対して「近接目視によらない点検」、「現地確認や地形判読の人的誤差を低減させる高精度の点検」等の調査技術や診断技術が将来的に求められています。
そこで、優れた技術は活用するという方針の下、これまで新技術の活用が十分でなかった異業種、他分野、新材料等も含めて「道路土工構造物点検及び防災点検の効率化技術」に活用できる技術を公募し、技術検証を実施します。

なお、本技術の「道路分野の新技術導入促進」は、第2回道路技術懇談会において国と連携し、技術の検証や新技術の活用に必要な技術基準類の検討を行うための機関として選定された一般財団法人土木研究センターが行うものです。
 
1.技術公募について

 

公募技術 道路土工構造物点検及び防災点検の効率化技術
公募期間 令和3年7月6日(火)から令和3年8月10日(火)まで
公募要領 公募要領
応募要領 応募資料作成要領
申請書(応募様式)
問い合わせ先 一般財団法人 土木研究センター 土工構造物研究部
FAX:029-864-2515
Eメール:donyu-dokotenken@pwrc.or.jp
 
    2.技術公募に関し寄せられているご質問への回答

 

    
技術公募の内容に関し寄せられている質問への回答 技術公募の内容に関し寄せられている質問への回答書(PDFファイル)
           ※技術公募に関し寄せられているご質問の内、公募技術の内容に関するご質問についての回答を掲載しております。


前ページに戻る

トップページへ戻る