今月の目次に戻る


(一財)土木研究センター/お知らせのページ(2018年6月 新着情報)

  


 今月の目次

●読者の声を募集

月刊 土木技術資料「読者の声を募集」

●購読の案内

月刊 土木技術資料

●審査証明書交付技術の紹介

建設技術審査証明書交付技術の概要
●講習会の案内 補強土植生のり枠工「GTフレーム工法」技術講習会
●新刊行物の紹介 山留め式擁壁「親杭パネル壁」 設計・施工マニュアル[改訂版]
  「耐候性大型土のう積層工法」設計・施工マニュアル[改訂版]

●刊行物一覧

土木研究センター刊行物一覧

●刊行物の斡旋

鹿島出版会・大成出版社刊行物

●コピーサービスの紹介

研究報告等のコピーサービス

●土木技術資料6月号目次

土木技術資料目次 平成30年6月号

 読者の声を募集

 読者の声を募集致します。ふるってご投稿をお願いします。

 また、取り上げて欲しい特集、連載講座、土木用語、論説や報文の内容に関する質問、現場で困っている点、さらに、「土木技術資料」の改革についてのご意見や要望などをホームページまたはメールでお送り下さい。

URL:http://www.pwrc.or.jp/dokusya_koe.html E-mail:dokusha@pwrc.or.jp

投稿する

 購読の案内

 月刊 土木技術資料の購読のご案内をいたします。

 

  <購 読 料> 土木技術資料 1冊¥1,080(税・送料共込) 年間購読料¥12,960(税・送料共込)

 

月刊 土木技術資料購読申込書

(いずれかに✓を付けて下さい)

□ 団体購読   □ 個人購読

(いずれかに✓を付けて下さい) 

□ 年間購読      年   月より   部

□ 特定号のみ     年   月号    部





ご住所

 

お名前または会社名

 

所属部署(会社の場合)

 

担当者名(会社の場合)

 

TEL

 

FAX

 

E-mail

 

  ※ 購読料の請求宛先がお届け先と異る場合は、請求宛先を下欄にご記入ください。

請求宛先

 

ご購読中の方でお申し込み内容に変更が生じた方も、ご連絡ください。

月刊 土木技術資料のお問い合 わせ・お申し込み先

一般財団法人 土木研究センター技術研究所 庶務・広報部 池田 敦子
〒300-2624 茨城県つくば市西沢2−2
TEL:029-864-2521 FAX:029-864-2515  E−mail:mail@pwrc.or.jp

 

購読のお申し込みは、FAXまたはE-mailでお願いします。
また、こちらからも直接申し込みできます。
なお、代金は原則前払いとなっておりますが、後払いも可能です。


 審査証明書交付技術の紹介


建設技術審査証明書交付技術の概要


【内容更新した建設技術審査証明】


○HBサンド

 副    題

PS灰と泥土を再利用した粒状地盤材料

 依 頼 者

清水建設株式会社、三興開発株式会社

 証 明 番 号

建技審証第0706号

 証明年月日 平成30年2月4日 内容更新

 有 効 期 限

平成35年2月3日

 連 絡 先

三興開発株式会社 富士HBソイルセンター
〒416-0946 静岡県富士市五貫島1320
TEL:0545-61-2229


○エコサンクネットR型・SR型

 副    題

袋型根固め工法用袋材

 依 頼 者

大嘉産業株式会社

 証 明 番 号

建技審証第1006号

 証明年月日 平成30年2月5日 内容更新

 有 効 期 限

平成32年9月23日

 連 絡 先

大嘉産業株式会社 産業資材事業部 繊維土木開発部
〒140-0004 東京都品川区南品川2-2-13
TEL:03-6716-0887


建設技術審査証明事業についてのお問合せ先
一般財団法人土木研究センター 企画・審査部  平林克己
〒110-0016 東京都台東区台東1丁目6番4号 タカラビル3F
TEL:03-3835-3609 FAX:03-3832-7397 
E-mail:kikaku@pwrc.or.jp

 講習会の案内


補強土植生のり枠工「GTフレーム工法」技術講習会 new

 

 このたび、下記の日程にて補強土植生のり枠工「GTフレーム工法」の技術講習会を開催いたします。「GTフレーム工法」は、(一財)土木研究センターにて建設技術審査証明を取得したのり面保護工法であり、同センターから「GTフレーム工法」設計・施工マニュアルが発行されています。
 講習内容として、同工法に関する技術講習のほか、各地区の学識者による特別講演も予定しています。詳しくは、補強土植生のり枠工協会ホームページ(http://www.gt-frame.com)をご覧ください。

 
■開催日・場所
開 催 日 時 開催場所 会      場
平成 30 年 6月 11日(月)13:00〜17:00 東京都 連合会館
平成 30 年 6月 15日(金)13:00〜17:00 三重県 三重地方自治労働文化センター
平成 30 年 6月 21日(木)13:00〜17:00 宮城県 TKPガーデンシティー仙台勾当台
平成 30 年 6月 22日(金)13:00〜17:00 滋賀県 ピアザ淡海
平成 30 年 7 月  3日(火)13:00〜17:00 鹿児島県 ホテル自治会館
 
主   催:補強土植生のり枠工協会
協   賛:一般財団法人土木研究センター
参加費:無料
お申し込み・お問い合わせ先:
  補強土植生のり枠工協会 事務局
TEL/FAX:0584-81-6838
E-MAIL:info@gt-frame.com
URL:http://www.gt-frame.com
 

 新刊行物の紹介


山留め式擁壁「親杭パネル壁」 設計・施工マニュアル [改訂版]

 
(一財)土木研究センターでは、技術審査証明を発行した民間開発技術の中から、施工実績が多く、今後も広く活用されることが期待できる山留め式擁壁『親杭パネル壁』の設計・施エマニュアルの改訂版を発行しました。
 
 山留め式擁壁『親杭パネル壁』は、基礎の掘削面積や切土範囲を少なくでき、長大な切土法面の出現や残土の発生量を減らすことができ、施工が容易であることから、急峻地形での道路拡幅や道路災害復旧に有効な擁壁を構築することができます。

      目 次          
 

発  行

2017年11月

体  裁

A4判 160頁

価  格

2,200円(税、送料別)

 

1章 

概要

2章 

親杭パネル壁の諸元

3章 

計画および調査

4章 

設計

5章 

施工

6章

維持管理

 

設計事例

(1) 

自立式親杭パネル壁

(2) 

アンカー 式親杭パネル壁

(3)  親杭パネル壁の耐震性

施工実績

 


 新刊行物の紹介


「耐候性大型土のう積層工法」設計・施工マニュアル[改訂版]

 

 本マニュアルは、平成24年3月に土木研究センターから出版したものの改訂版となる。フレキシブルコ ンテナとの違いを明確化するとともに、流れのある場所での適用について再検討を行い、さらに全体の 安定性についても見直しを行うことにより、より実務的な判り易い内容としている。

 

発   行 :

2017年10月

 

体   裁 :

A4判 124頁

 

価   格 :

1,700円(税、送料別)


目 次
まえがき

第1章

総 説

第2章

「耐候性大型土のう積層工法」の性能

第3章

計画・調査

  第4章 設 計
  第5章 施 工
 
付 属 資 料

資料-1

設計計算例

資料-2

標準断面図集

資料-3

施工事例

資料-4   「耐候性大型土のう」の性能評価試験
資料-5   流体力に対する限界流速の照査
資料-6   積算資料

 刊行物一覧


土木研究センター刊行物一覧


◎購入のお申し込みは、こちらから。

刊 行 物 名
発行年月
判型
 頁 
本体価格
送料
一般
賛助会員
山留め式擁壁「親杭パネル壁」 設計・施工マニュアル [改訂版]
H29.11
A4
160
2,200
1,980
「耐候性大型土のう積層工法」設計・施工マニュアル 改訂版
H29.10
A4
124
1,700
1,530
のり面保護用連続繊維補強土
「ジオファイバー工法」 設計・施工マニュアル 改訂版
H29.6
A4
78
2,200
1,980
「箱型擁壁」工法 設計・施工マニュアル
H28.7
A4
109
2,500
2,250
鉄鋼スラグ路盤設計施工指針
H27.3
A4
110
3,000
2,700
「ラブルネット積層工法」設計・施工マニュアル
H27.1
A4
114
1,900
1,710
アデムウォール(補強土壁)工法 設計・施工マニュアル
H26.12
A5
330
4,300
3,870
盛土の性能評価と強化・補強の実務
H26.10
A4
228
3,000
2,700
補強土(テールアルメ)壁工法 設計・施工マニュアル(第4回改訂版)
H26.8
A5
477
5,000
4,500
多数アンカー式補強土壁工法設計・施工マニュアル 第4版
H26.8
A5
397
4,800
4,320
「海岸侵食の実態と解決策」宇多高明著 CD-ROM版
H26.6
-
304
3,500
3,150
ジオテキスタイルを用いた補強土の設計・施工マニュアル(第二回改訂版)
H25.12
A5
457
5,500
4,950
建設発生土利用技術マニュアル(第4版)
H25.12
A5
204
2,000
1,800
のり面表層保護工「GTフレーム工法®」設計・施工マニュアル
H24.2
A4
122
2,381
2,143
わが国の免震橋事例集 (特別価格)
H23.12
A4
247
857 
  771
道路橋の免震・制震設計法マニュアル(案) (特別価格)
H23.12
A4
288
1,143
1,028
全素線塗装型PC鋼より線を使用したPC構造物の設計・施工ガイドライン
H22.3
A4
162
3,000
2,700
実務者のための護岸・根固めブロックの選定の手引き(案)
H22.6
B5
138
4,286
3,857
ジオテキスタイルを用いた軟弱路床上舗装の設計・施工マニュアル
−路床/路盤分離材としての利用− (
特別価格)
H21.11
A4
122
1,500
1,350
建設工事で遭遇する廃棄物混じり土対応マニュアル
H21.10
B5
113
4,000
3,600
現場発泡ウレタン超軽量盛土工法 設計・施工マニュアル
H20.4
A4
139
2,381
2,143
実務者のための養浜マニュアル
H17.10
A5
170
2,381
2,143
落橋防止構造設計ガイドライン(案)
H17.7
A4
73
3,810
3,429
土木コンクリート構造物の剥落防止用赤外線サーモグラフィによる変状調査マニュアル
H17.3
A4
108
4,285
3,857
グラウンドアンカー受圧板設計・試験マニュアル
H16.12
A4
83
3,000
2,700
陸上工事における深層混合処理工法設計・施工マニュアル改訂版
H16.3
A5
334
4,500
4,050
超早強コンクリート利用技術マニュアル
H12.9
A5
80
3,000
2,700
発生土利用促進のための改良工法マニュアル
H9.12
A4
177
4,000
3,600
コンクリ−トの耐久性向上技術の開発
H1. 5
A4
438
7,619
6,857

 刊行物の斡旋


鹿島出版会・大成出版社刊行物


◎購入のお申し込みは、こちらから。

刊行物名
発行年月
判型
 頁 
本体価格
送料
一般
賛助会員
建設工事で発生する自然由来重金属等含有土対応ハンドブック
H27.3
A4
101
2,000
1,800
建設工事で遭遇する地盤汚染対応マニュアル[改訂版]
H24.4
B5
160
2,400
2,160
建設工事で遭遇するダイオキシン類汚染土壌対応マニュアル[暫定版]
H17.12
B5
128
2,200
1,980
土壌のダイオキシン類簡易測定法マニュアル
H18.4
A4
83
1,900
1,710

刊行物のお問い合わせ・お申し込み先

一般財団法人 土木研究センター 技術研究所 庶務・広報部 外山正夫

 

〒300-2624 茨城県つくば市西沢2-2
TEL:029-864-2521 FAX:029-864-2515 E-mail:mail@pwrc.or.jp

 

購入のお申し込みは、FAXまたはE-mailでお願いします。
また、こちらからも直接申し込みできます。
なお、代金は送付する図書等に同封します請求書にてお支払い下さい。


 

 コピーサービスの紹介


研究報告等のコピーサービス

 

 当センターが行った共同研究報告書、各種技術マニュアル、また土木に関する研究機関の報告書等について、当センターでもコピーサービスを行っています。ご希望の方はFAXまたはE-mailでご注文下さい。
 

 研究報告等の文献リストは、下記の文献リストをクリックしていただくとご覧になれます。

  

文献リスト(Excelファイル:2.2MB)

 なお、審査証明報告書につきましては、審査証明依頼者の意向によりコピーサービスできない場合があります。

コピーサービスのお問い合わせ・お 申し込み先

一般財団法人 土木研究センター 技術研究所 庶務・広報部 中島恒美

 

〒300-2624 茨城県つくば市西沢2-2
TEL:029-864-2521 FAX:029-864-2515 E-mail:mail@pwrc.or.jp

 

購入のお申し込みは、FAXまたはE-mailでお願いします。
また、こちらからも直接申し込みできます。
なお、代金は送付する図書等に同封します請求書にてお支払い下さい。


 土木技術資料目次


土木技術資料目次 平成30年6月号
特 集:下水道における革新的技術の導入普及

特集担当編集委員 井上茂治

区分
題  名
著者名
巻頭言 なぜ下水道において革新的技術の開発が必要なのか 長岡 裕
5
論説 新技術の開発と実用化への取組み 〜下水道事業の課題解決に向けて〜 井上茂治
6
 
特集報文

ダウンサイジング可能な水処理技術の実用化

粟田貴宣・石川剛士・山下洋正
8
下水汚泥の脱水乾燥による肥料化・燃料化技術の実用化
〜中小規模処理場への普及に向けて〜
矢本貴俊・太田太一・山下洋正
12
刈草を下水汚泥の脱水助剤として活用する技術の開発 〜バイオマス資源の連携活用〜 山ア廉予・重村浩之
16
メダカの遺伝子発現解析を利用した下水処理水のバイオモニタリング法の開発 北村友一・小川文章
20
下水道圧送管路における硫酸腐食箇所の効率的な調査技術 深谷 渉・野田康江・岩ア宏和
24
性能指標の設定による汚泥焼却技術のエネルギー効率化の促進 渡邉航介・太田太一・山下洋正
28
現地レポート 鋼板製消化槽とバイオガスエネルギーの有効利用 丹羽照元
32
ICTを活用した浸水対策施設運用支援システムの導入について 松田英士・倉本喜文・上原洋平
36
 
ワールド 第15回PIARC国際冬期道路会議に出席して
40
研究コラム 杭基礎フーチングのASR損傷の進展に関する土中暴露実験
41
成果の活用 流動性の高い現場打ちコンクリートの活用に対応した材料分離抵抗性の確認
43
土木技術講座 道路橋示方書における部分係数法と信頼性設計
〜第3回 橋の限界状態と部材の限界状態の関係〜
45
土木用語解説 バイオアッセイ・遺伝子発現解析・マイクロアレイ
49
土研センター リーフからの砂供給量の減少と人工改変によるリーフ海岸の変化 宇多高明・三波俊郎
50
報文抄録
2
編集後記/次回報文予告
54
お知らせのページ
56
今月の表紙 ユニット化で施工期間短縮や工費縮減が可能な施設であり、流入水量に応じて処理能力を効率的に縮減することが可能な水処理技術。(写真上段)
ユニット内は、保水性のあるスポンジ状で多くの微生物を保持することができる担体(DHS 担体:Down-flow Hanging Spongeの略)が充填されており、ここで汚水中の固形物は半分以下に減量されるとともに、エアレーションが必要ないことから維持管理が容易な構造である。 (写真下段)

月刊「土木技術資料」バックナンバーへ
 
土木技術資料購読申込みページへ
 
広告掲載の申込みへ

土木技術資料の抄録の<バックナンバー>をキーワード検索できます。

過去のお知らせ

トップページへ戻る