(一財)土木研究センター/露出した鉄筋等に対する 除錆・ 防錆技術


  令和3年2月26日
  土木研究センター
   
  「 露出した鉄筋等に対する 除錆・ 防錆技術 」 の 要求性能 に対する意見募集について
〜新技術の活用に向けて〜
 

 

 一般財団法人土木研究センターでは、公共工事等における新技術活用システムの活用方式「テーマ設定型(技術公募)」の実施にむけて、『露出した鉄筋等に対する除錆・防錆技術』の要求性能に対する意見を、令和3年2月26日(金)より同年3月22日(月)まで募集します。
   
 
 道路橋やカルバート等の定期点検において露出した鉄筋に対しては、恒久対策が実施されるまでの腐食進行抑制を目的に、防錆剤を塗布するなどの応急措置が行われています。この際、ワイヤブラシやハンマー等で粗い除錆は行いますが、鉄筋表面に錆が残存した状態で防錆措置されるのが一般的です。一方で腐食した鋼に対する防錆技術については、民間等において様々な技術が開発されているものの、どのような腐食状態を想定した技術なのか、錆の残存状態により防食性能に違いがあるのかなど、腐食が進行した鉄筋を適用対象とした防錆技術の性能が比較可能な形で整理されておりません。  今後、定期点検の実務において応急措置の質を保ちながら効率的に作業を進めていくためには、これらの技術について、統一的に製品の各種性能比較・評価を行い、適切に選択するために必要な情報を提供することを目的とした技術比較表を取りまとめる必要があります。

 本募集は、新技術活用システムの活用方式「テーマ設定型(技術公募)」の実施にあたり、そのプロセスの一環として「露出した鉄筋等に対する除錆・防錆技術」の要求性能や確認方法に対する意見を募集し、技術公募にあたっての要求性能設定の参考とするものです。

※「テーマ設定型(技術公募)」:直轄工事等における現場ニーズ・行政ニーズ等に基づき技術テーマを設定し、民間等から技術の公募を行い、同一条件下の現場実証等を経て、個々の技術の特徴を明確にした資料(技術比較表)を作成し、新技術の活用を促進する取り組み。
 
意見公募について

 

意見募集技術 露出した鉄筋等に対する除錆・防錆技術
意見募集期間 令和3年2月26日(金)から令和3年3月22日(月)まで
資料 1.意見募集要領(PDFファイル)
2.別紙1 「露出した鉄筋等に対する除錆・防錆技術に関する要求性能(案)」(PDFファイル)
3.応募様式(EXELファイル)
問い合わせ先 一般財団法人 土木研究センター
TEL:03(3835)3609  FAX:03(3832)7397
E-mail:netis-bousei@pwrc.or.jp
実施機関HP(http://www.pwrc.or.jp/


前ページに戻る

トップページへ戻る