(一財)土木研究センター/ラブルネット積層工法

 
ラブルネット積層工法
 
 ラブルネット積層工法
 

 「ラブルネット積層工法」は、従来から河川護岸等で用いられてきた袋詰め根固め工の袋体「ラブルネット(rubble:割石 net:網)」を、仮設道路の基盤工や工事用堰堤などの仮設構造物へ適用する工法です。 土木研究センターでは、「ラブルネット」を仮設構造物へ適用するに当たって必要な材料の性能規定、構造物の安定性等に関する設計手法について研究を進め、その成果を『「ラブルネット積層工法」設計・施工マニュアル』(平成27年1月)として発行しています。

   
 

(1)ラブルネット(rubble:割石 net:網)

袋材製品    中詰め材
 
袋材製品 中詰め材(割栗石など)充填時 
 

(2)ラブルネット積層工法の適用

ラブルネット積層工法の適用(a)土留め構造物として適用する場合
(a)土留め構造物として適用する場合
(b)道路路体として適用する場合
(b)道路路体として適用する場合
 

(3)施工事例

    施工事例1 -路体工(工事用仮設道路)-

施工事例1 -路体工(工事用仮設道路)-

 
    施工事例2 -土留め構造物(仮護岸工) -
施工事例2 -土留め構造物(仮護岸工) -
 
    施工事例3 -路体工(工事用仮設ヤード) -
施工事例3-路体工(工事用仮設ヤード) -
 
    施工事例4 -路体工 (工事用仮設道路)-
施工事例4-路体工 (工事用仮設道路)-
 
 ラブルネット積層工法研究会
   「ラブルネット積層工法研究会」は、「ラブルネット積層工法」の発展と普及を目的として、共同開発を行った民間企業6社と(一財)土木研究センターによって平成27年1月に設立しました。
   「会員名簿」
   
 お問い合わせ先
 

「ラブルネット積層工法研究会」事務局

 

一般財団法人 土木研究センター 地盤・施工研究部
〒300-2624 茨城県つくば市西沢2−2
TEL 029-864-2521 FAX 029-864-2515
Mail:kenkyu3@pwrc.or.jp


技術成果普及・展開 へ戻る

 

トップページへ戻る