(一財)土木研究センター/要求性能の 適合証明

 
袋型根固め用袋材に関する要求性能の
適合証明申し込み案内
   

目次

1.はじめに

2.袋材の要求性能の確認

3.適合証明の申し込み方法

4.適合証明フロー

5.費用

(付)依頼書様式

   

1.はじめに

 

 近年の河川構造物の性能規定化に対処するため、国土交通省において高分子の合成繊維(再生材を含む)を主要構成材料とする「袋型根固め用袋材」(以下、袋材)について性能規定を導入しました。
 (「袋型根固め用袋材の性能規定について」平成21年4月24日河川局治水課)

 この性能規定では、「袋材に要求される性能」として、(1)強度、(2)耐候性(短期性能型、長期性能型)、(3)耐燃焼性、(4) 環境適合性、(5)均質性、(6)網目・網地の信頼性が規定されました。

 平成22年度から袋材は、今回の性能規定で定められた基準値に適合することを示した公的試験機関の証明書又は公的試験機関の試験結果を提出し、これらの要求性能を満足することの確認を受けることが求められています。

 (財)土木研究センターでは、袋型根固め用袋材について基準値に適合することを示す証明業務を実施します。

   
2.袋材の要求性能の確認
 

 性能規定では、袋材に要求される性能を、表−1に示す確認方法で、公的試験機関の証明書又は公的試験機関の試験結果で確認することが求められています。
 当センターでは、袋材の要求性能のうち、
 「耐燃焼性」
 「環境適合性」
について、試験の実施、もしくは試験立会により基準値適合証明を行います。
 また、性能規定における要求性能に加え、高度な性能を有する新開発の袋材の性能を確認する場合については、建設技術審査証明制度に基づき、その性能の確認と証明を行います。
 (建設技術審査証明制度については、http://www.pwrc.or.jp/shinsa.htmlを参照して申し込んでください。)

   
 
表−1 袋型根固め用袋材の要求性能の確認方法
項目
要求性能
確認方法
試験方法
試験体数
基準値
強度
必要重量の中詰め材料を充填し、直接クレーンで吊り上げても破断しない強度を有すること。母材が健全であること 引張試験
(JIS A 8960に準拠)
(2トン型)
(2重)400N以上
(1重)700N以上
(4トン型) (2重)500N以上
(1重)900N以上
耐候性
紫外線により劣化した場合も、必要な強度を保持すること。

短期性能型:
 耐候性は求めない。

長期性能型:
 耐用年数30年程度
耐候性試験
(長期性能型のみ)

(JIS L 0842 オープンフレームカーボンアーク灯式耐候性試験機により紫外線を7500時間照射後、JIS A 8960準拠の引張試験を実施)
(2トン型) (2重)200N以上
(1重)200N以上
(4トン型) (2重)250N以上
(1重)250N以上
耐燃焼性
中詰め材料を充填した状態で、網地の燃焼が広がらないこと。
たき火試験
(参考資料参照)
燃焼部以上に延焼しないこと。
環境適合性
生態系を阻害するような有害物質の溶出がないこと。
煮沸試験
飼育試験
(参考資料参照)
有害物質が溶出しないこと。
均質性 性能を担保する品質の均質性を確保していること。 材料20000袋当たり1
回の引張試験を実施
(JIS A 8960に準拠)
「強度」の基準値を満足すること。
網目・網地の信頼性 中詰め材料の抜け出しや、網地の破断が促進することがないこと。 監督職員による事前確認
(発注機関にて実施)
中詰め材料が抜け出さない網の寸法で、かつ、網目を構成する網糸が破断しても解れが連続的に広がらない加工がなされていること。

 
  土木研究センターで証明する性能項目
   
<参考資料>
1. たき火試験
   袋型根固め用袋材に中詰め材料を充填した後、静置させ上部にたき火用材料を積み上げてライターにて点火する。
 
中詰め材料 割栗石  150mm
点火方法 ライター
たき火用材料 野原の草木(枯れ草、枯れ木)
   
2. 煮沸試験
   網地を沸水中に浸漬し、下記時間の経過後取り出し網地の質量変化を測定する。
 
浸漬温度 98±2℃
浸漬時間 120±10min
浸漬水 蒸留水
試験体の数 5個
乾燥温度 105℃
抽出条件(質量比) 網地:水=1:500
   
3. 飼育試験
   金魚を入れた水槽に網地を浸漬し、下記期間飼育しその生存状態を確認する。
 
金魚の飼育期間 3ヶ月
育条件(質量比) 網地:水=1:100
金魚の匹数 3匹
   
3.適合証明の申し込み方法
 

(1) 受付窓口

 

一般財団法人 土木研究センター 地盤・施工研究部 土橋
〒300-2624 茨城県つくば市西沢2−2
TEL 029-864-2521 FAX 029-864-2515
Mail:kenkyu3@pwrc.or.jp

(2) 受付期日

   随時、受け付けます。

(3) 申込書類

 

1) 適合証明依頼書  様式−1

   

4.適合証明フロー

   (試験立会の場合)
   
証明・試験フロー
   

5.費用 (試験立会の場合)

 

(1) 内 容:要求性能<耐燃焼性、環境適合性>の試験立会、試験結果確認

(2) 費 用:試験立会、試験結果の確認、適合証明書発行

 

一式 200,000円(消費税別途)
ただし、試験立会に要する旅費は別途請求します。

 


 
様式−1
pdfファイルはこちら
要求性能適合証明依頼書

平成××××

一般財団法人 土木研究センター

理事長 常田 賢一 殿

 
   

 下記について、袋型根固め用袋材の要求性能適合証明を依頼します。

1. 品   名:

○○ユニット
2トン型・4トン型

2. 依頼内容: 要求性能<耐燃焼性、環境適合性>の適合証明

   要望事項:

3. 連 絡 窓 口:

 

住 所

〒999-9999 ××県×市××町×丁目×番地

会 社

XXXXXXXXX株式会社

所 属

××部

氏 名

電 話

99-9999-9999

 FAX

99-9999-9999

 E-mail

xxxx@xxxx.co.jp

 


要求性能の 適合証明へ戻る

 

トップページへ戻る